読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メ殺

メタに殺される

ミッキーマウスの中には人間が入っている

みなさんこんにちは.

キャラクターに喋らせると,自分の意見をさも客観的に書いてあるかのように記述できることを発見したので実践することにしました.

今日は「フィクションにあえて騙される」というテーマでブログを書きます.

よろしくお願いいたします.

 

 

◆登場兎紹介

f:id:ichinei13:20161003084537p:plainラビ男:書店に売っていた

f:id:ichinei13:20161003084842p:plainコニ助:人にもらった

 

 

 

 

おはようございます

 

 

 

おはようございます

 

 

 

なんかね

 

 

 

はい

 

 

 

会話形式のほうが見やすいのかもしれないって思ったのよ

 

 

 

それはある

 

 

 

なんか最近会話形式のブログ流行ってるじゃん?

 

 

 

それは知らないけど

 

 

 

なんでかな,こう,キャラクターを設定したほうが印象に残りやすいのかもしれないって思った

 

 

 

言っちゃうんだ

 

 

 

まあその話はもういいよ

 

 

 

なんだお前

 

 

 

 

 

「サンタクロースはいない」

 

 

サンタクロースの話していい?

 

 

 

季節って知ってる?

 

 

 

あれ本当はいないらしいよ

 

 

 

マジか.お前がマジか

 

 

 

本当はいないってこと,みんな知ってるのかな?

 

 

 

これ読んでる人は全員いい大人だから知ってると思う

 

 

 

だとしたら,なんでクリスマス!サンタ!トナカイ!ソリ!プレゼント!みたいな広告がいっぱい打たれるの?

 

 

 

子供向けなんじゃないの?

 

 

 

いや,それだけじゃない.ディズニーもそうだわ.中に人が入ってることなんてみんな知ってるはずなのに,なんであの傀儡展を楽しめるんだ?

 

 

 

傀儡(くぐつ)とか言うな

 

 

 

宗教の話にも繋がるかもしれない.神様なんて本当はいないのに,それをわかってて「神の思し召し」と言ってみせる.

 

 

 

確かに.なんでだろ

 

 

 

 

 

「あえて騙される」スキル

 

 

ディズニーとかで着ぐるみ見てるとさ,ガキにめっちゃ絡まれてんの.

 

 

 

あるよねそういう光景

 

 

 

「これ中に人いるよ!人いる!知ってる!足が見えたもん!手があったもん!」

 

 

 

いる〜〜〜〜〜

 

 

 

本当に何も知らない頃は「わぁ〜ミッキーだぁ〜」ってなってたんだけど,少し知識ついてくると「人いる!偽物!」になるんだよね

 

 

 

サンタがいないことに気づく年齢だね

 

 

 

そうだったのに,いつのまにか「わぁ〜ミッキーだぁ〜」に戻ってる.今度は「これは着ぐるみだ」って分かってる状態で

 

 

 

発達心理学っぽい

 

 

 

だからこれは一種のスキルだと思うんだよね.成長の過程で身につくスキル

 

 

 

最近で言うと「君の名は」が当てはまるかもな.中身が入れ替わるなんてことは実際ありえないと分かってるんだけど感動しちゃう

 

 

 

だから,「中身が入れ替わるなんてありえないから楽しめなかった」とか言ってるやつは「サンタなんていないよ!!!」ってわざわざ言ってくるガキと同じってことだよ

 

 

 

そうなの?

 

 

 

 

 

この世はすべてフィクション

 

 

もう極端に言っちゃえば,世の中,自分以外のものは全部フィクションだよ.本当にそうかどうか検証しようがないもん.

 

 

 

すごいこと言い出した

 

 

 

お前が彼女だと思ってる人は本当にお前のことが好きなの?あっ,「好きって言われたから好きなはず」とかは通じないから.嘘かもしれないから.

 

 

 

どうやったらそんなにスレ切ったことが言えるの

 

 

 

だから,もう諦めて楽しんじゃおうよ.この世はフィクション,それでいいじゃん.嘘か本当か分からない世界ってやつに,騙されてやってもいいんじゃない?

 

 

 

かっけえ

 

 

 

それに気づけたやつから,「大人」になっていくんだよ.さあて,いっちょ騙されますか.

 

 

 

ウザすぎる